「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2015年01月28日

NHK国際放送を強化へ 総務省検討会が中間報告

 NHKの国際放送の強化するというニュースが流れてきました。保守政治家の高市早苗氏が現在、総務相をつとめているが、高市氏は「歴史認識、領土問題なども含めた正しい情報の発信も当然含まれる」と強調しています。一方、自民党では NHKに代わる「新型国際放送」創設構想があります。NHKは、日本の国益を守る日本の公共放送へにならない限り、その存在意義を失うことになるでしょう。

【産経新聞】NHK国際放送を強化へ 総務省検討会が中間報告
2015.1.27 08:40

 総務省は、NHKの国際放送の強化策を提言する有識者検討会の中間報告を取りまとめた。外国人向けの英語のテレビ国際放送「NHKワールドTV」を充実させることが柱。インターネットを活用した24時間ニュース配信の試験的実施など、放送とネットの連携を提案した。日本の情報発信力の向上を狙う。

 中間報告は、NHKワールドTVの役割に関して「日本の重要な政策や国際問題に対する公的見解を正しく伝える」と指摘した。海外で日本の製品やサービスに対する需要が生まれ、来日する外国人観光客が増えるといった経済効果も期待できるとの見通しを示した。

 字幕によってNHKワールドTVの多言語化を進める。ソーシャルメディアの活用も盛り込んだ。総務省は外国人が視聴しやすい環境の整備などを支援する。

 高市早苗総務相は検討会で期待される国際放送の内容に関して、「歴史認識、領土問題なども含めた正しい情報の発信も当然含まれる」と強調。検討会でNHKの国際放送を検証していく考えを示した。


posted by setsu at 20:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK経営・経営陣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

NHK「公共メディアへ」 ネット・受信料、本格検討 経営計画判明

 NHK「公共メディアへ」と、産経新聞第一面に掲載されていました。どういう内容かというと、「来年度から一部のテレビ番組をネットで試験的に同時配信する予定だが、本格導入に向けてはテレビの設置を前提に公平負担を求めている現行の放送法や受信料制度の見直しが課題となっている。現在のテレビやラジオ放送に加え、今後はネットを含めた総合的なメディア事業展開に向けてかじを切る。」ということらしい。

 反日偏向放送局である限り、公共メディアだろうが、公共放送だろうが、「公共」と認めるわけにはいかないのだ。

【産経新聞】NHK「公共メディアへ」 ネット・受信料、本格検討 経営計画判明
2015.1.14 07:56

 NHKの次期3カ年経営計画(平成27〜29年度)の全容が13日、分かった。公共放送であるNHKが初めて「“公共メディア”への進化」を見据えると明記、インターネット時代に即した受信料制度のあり方について研究を本格化させる。同計画はNHK経営委員会で15日、議決される見通し。

 NHKは来年度から一部のテレビ番組をネットで試験的に同時配信する予定だが、本格導入に向けてはテレビの設置を前提に公平負担を求めている現行の放送法や受信料制度の見直しが課題となっている。現在のテレビやラジオ放送に加え、今後はネットを含めた総合的なメディア事業展開に向けてかじを切る。

 計画では、今後3カ年で受信料支払率を現計画の75%から80%に引き上げ、このうち衛星契約の占める割合も50%程度に増やす。約1千億円の増収を見込み、東京・渋谷のNHK放送センターの建て替えに向けて約240億円を積み立てるほか、国際放送の充実などに充てる。ただ、収支計画は放送センターの建て替え計画が具体化した後に見直される見通し。

 このほか、ネットの動画配信サービス「NHKオンデマンド」で地域の魅力を伝える番組を増やす。番組の視聴動向やNHKオンデマンドの動画再生数などを総合的に評価する事業効果の独自指標も導入する。
posted by setsu at 22:23| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | NHK経営・経営陣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

NHK会長「仕事を合理的にという意識が不足」

 NHKの籾井勝人会長の定例記者会見でのコメントです。反日放送局で孤軍奮闘されています。

NHK会長「仕事を合理的にという意識が不足」
2015年01月08日 22時05分

 25日で就任1年を迎えるNHKの籾井勝人会長は8日の定例記者会見で、「この1年、様々な現場を見て、放送が大変な作業であることが実感として分かった。ただ、NHKは営利会社ではないので、仕事を合理的にやろうという意識が少し足りない。そのあたりが自分の導入していくべき仕事」と述べた。

 また、NHKの編集方針として「事実に基づき、公平公正、不偏不党の立場から、いろいろな意見について言及していく。何人からも規律されず、自主独立を貫く」と強調した。

2015年01月08日 22時05分 Copyright コピーライトマーク The Yomiuri Shimbun
posted by setsu at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK経営・経営陣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。