「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2015年03月03日

NHK籾井会長の発言「放送法に反する」(早大・上村氏)と、朝日新聞が記事を掲載

 NHKの経営委員会で委員長代行を務めてきた上村(うえむら)達男という人物が、NHK籾井会長の発言「放送法に反する」と発言していました。

 本ブログも、NHKは放送法に違反しているという立場だが、それは、反日左翼主義に偏向して、国民を裏切っているから。NHK籾井会長の慰安婦発言は支持しています。

【朝日新聞】NHK籾井会長の発言「放送法に反する」 早大・上村氏
聞き手・中島耕太郎2015年3月3日10時03分

NHKの経営委員会で委員長代行を務めてきた上村(うえむら)達男・早稲田大教授(会社法・資本市場法)が3年の任期を終え、2月末で退任した。経営委は会長を任免し、監督する立場にある。籾井勝人会長の言動や資質を在職中から批判してきた上村氏に、問題点と課題を聞いた。

 ――籾井会長の発言が繰り返し問題視されています。

 放送法はNHKの独立や政治的中立を定めています。しかし、就任会見時の「政府が右と言うことに対して左とは言えない」とか、従軍慰安婦問題について「正式に政府のスタンスがまだ見えない」といった最近の籾井会長の発言は、政府の姿勢におもねるもので、放送法に反します。放送法に反する見解を持った人物が会長を務めているということです。

 会長は「それは個人的見解だ」と言って、まだ訂正もしていませんが、放送法に反する意見が個人的見解というのは、会長の資格要件に反していると思います。

 お笑い番組でも「品のないものはやめた方がいい」という趣旨の発言をしています。私も番組に一定の品性は必要だと思いますが、会長がそれを言うことには違和感があります。NHKにはそうしたことも含めて判断するシステムがありますので。

 ――籾井会長を満場一致で選んだのは、上村代行を含む12人の経営委員です。

 確かに経営委に責任があります。ただ、籾井氏の経歴を見ると、一流商社である三井物産で副社長まで務め、海外経験も豊富な人物。数人の候補者がおり、籾井氏には異論が出なかった。20〜30分の面接では、信条の問題まではわからない。「放送法を守ります」と繰り返していましたし。時間をかけて以前より数段良い(会長の)選任規定を作ったと思っていますが、経営委員が誰を推薦するかは手続きでは縛れない。最終候補者を2人にして面談することも考えられるが、大企業のトップ級と比べて低い報酬(年間約3千万円)では、「面談を受けてまで引き受けたくない」ということにならないか。

 ――市民団体などには「経営委は籾井会長を罷免(ひめん)すべきだ」という声もあります。

 経営委の過半数が賛成すれば会長を罷免できます。少なくとも籾井会長を立派な会長だと思っている委員はほぼいないのではないか。ただ、就任会見直後ならともかく、今は罷免までしなくても事態を切り抜けられると考えている委員の方が多いとみています。

 私はずっと罷免すべきだと思っていた。ただ、罷免の動議をかけて、否決されると、籾井会長は「信任された」と思うでしょう。それでは逆効果になると考えました。
posted by setsu at 22:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK ネット受信料徴収急ぐ背景に新社屋建て替え巨額事業費

 「NHK ネット受信料徴収急ぐ背景に新社屋建て替え巨額事業費」というニュースです。視聴者の信頼・支持をかなり失っているのに、さらに受信料収入を増やして、新社屋建て替え?

NHK ネット受信料徴収急ぐ背景に新社屋建て替え巨額事業費
2015.03.03 07:00

 1月15日にNHKが発表した新経営計画(2015〜2017年度)は、2016年度から番組をネットで同時配信するなどインターネットサービスの強化を打ち出し、公共放送から〈“公共メディア”への進化〉を宣言した。

 昨年7月、籾井勝人会長は毎日新聞のインタビューに答え、テレビ放送と同時にインターネットで番組を配信する「同時再送信」を3年以内に実現するとともに、「受信料制度の見直しが必要」と、ネット利用者からも受信料を徴収する意向を表明した。

 ネット受信料構想の背景のひとつが、受信料収入の先細りである。2013年度の同収入は前年度比42億円減の6345億円。2014年度は同6428億円と増収を見込むが、将来的な受信料収入に対する危機感は内部で相当強いという。NHK関係者の話。

「地デジ移行で解約が約10万件にも達するなど、個人(世帯)の契約件数は減少傾向にある。その分、ホテルなど事業所への徴収を強化して受信料支払い世帯の減少が表面化するのを防いでいるが、それも限界に近づきつつある」

 ネット受信料徴収を急ぐもうひとつの理由が、「新社屋(新放送センター)」への建て替えにかかる巨額事業費だ(2020年頃着工、2025年から運用開始予定)。前出の経営計画には、受信料徴収率を現在の76%(2014年度見込み)から80%(2017年度末)に引き上げ、衛星契約の割合を50%にまで高めることを明記。これにより1000億円の増収を果たし、うち240億円を新社屋への建て替え費用として積み立てる方針という。

 総事業費3400億円、延べ床面積26万平方メートルの新社屋は、災害時でも放送できるよう建物の免震機能をグレードアップ。また次世代高画質放送「8K」に対応するため、最新の放送機器を完備した「ハイテク社屋」になる予定だ。

 いくら免震、ハイテクといっても、一般企業では考えられない超のつく金満社屋だ。ネット利用者から受信料を巻き上げようという構想の裏には、その建設費捻出という目的がある。

※週刊ポスト2015年3月13日号
posted by setsu at 21:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

反日映画『アンブロークン』に出演したMIYAVIが、紅白に出演

 反日映画『アンブロークン』に出演したMIYAVIが、昨年の紅白に出演しました。MIYAVIは、韓国系日本人です。NHKは反日に汚染されています。


反日MIYAVI(本名:石原貴雅)、紅白2014でSMAPと出場し炎上!映画『アンブロークン』で批判殺到中の出演に、2ch「韓国系日本人出すな」「はんにゃ金田哲に似てる」【嫁子供画像、歌動画】
2015年01月01日03:05

<本ブログ過去記事>
2014年03月13日
反日女優アンジェリーナ・ジョリーが監督した反日捏造映画「Unbroken」


2014年05月10日
アンジェリーナ・ジョリー女優引退へ 監督業に専念!!!


2014年06月09日
【オンライン署名】アンジェリーナ・ジョリーの反日映画を阻止しよう


2014年11月09日
日本人ミュージシャン MIYAVI、アンジー監督作で演じた日本兵の暴力シーンで嘔吐!


miyavi_kohaku.jpg

反日MIYAVI(本名:石原貴雅)、紅白2014出場に2chで批判殺到

ギタリストのMIYAVI(33 本名:石原貴雅)が、2014年12月31日に放送された「第65回NHK紅白歌合戦」にSMAPのギタリストとして出演し、批判されています。

批判の元となったのは、韓国系日本人(父親が元在日韓国人二世)なことと、反日映画「アンブロークン」に出演したこと。以前から批判されていたが、今回の紅白出演でさらに批判されることになった。

MIYAVIのプロフィール、紅白出演画像、2chの反応、反日映画「アンブロークン」出演で批判を受けている事についてなどをまとめました。



MIYAVIプロフィール、経歴、嫁・子供画像
反日MIYAVI(本名:石原貴雅)、紅白2014出場に2chで批判殺到

芸名:MIYAVI(みやび)
本名:石原貴雅(いしはら たかまさ)
別名:雅-MIYAVI-
職業:ミュージシャン、ギタリスト
生年月日:1981年9月14日
出身地:大阪市此花区西九条
最終学歴:大阪の高校中退
身長:181cm
血液型:AB型
事務所:個人事務所・J-glam Inc,。代表取締役を務める。日本国外におけるマネジメント契約はウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメントと結んでいる。

■動画:MIYAVI 「Real?」 (2014年9月10日発売の15thシングル) 「スッキリ」で特集&LIVE
http://www.youtube.com/watch?v=FG0nRT2_gZc

■人物
エレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという独自の“スラップ奏法”で世界から注目を集め、これまでに北米、南米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなど約30カ国250公演以上のライブを行い、4度のワールドツアーを成功させている。その実績などから「サムライギタリスト」の異名を持つ。


■経歴 (嫁・子供画像)
・1981年09月 日本人の母親と、日本に帰化した元在日韓国人二世の父親の間に大阪市此花区西九条で生まれた。将来有望なサッカー選手だったが、15歳で足を負傷。サッカーを辞め、音楽に出会いギターを始める。

・1998年 17歳のとき恩人の先輩の死にショックを受け上京。ライブハウスでヴィジュアル系ロックバンド・Due le quartzのメンバーと出会い加入。最年少ながら作詞・作曲・編曲のほぼ全てを手掛けた。 (2002年9月22日解散)

・2002年10月31日にアルバム『雅楽-gagaku』より、「雅-miyavi-」名義でソロ活動を開始。

・2007年 YOSHIKIの新ユニット・S.K.I.N.にギターとして加入。

・2009年、ドラマ「ドラゴン桜」の主題歌「realize(YouTube)」を歌っていた元歌手のMelody(1982年2月24日生まれの32歳)と出来ちゃった結婚。
(嫁の画像)


2009年07月29日 第一子となる長女「愛理(ラヴリ)」が誕生。

2010年10月21日 第二子となる次女「希理(ジュエリ)」が誕生。
(子供の画像)


・2014年12月25日公開(日本公開予定不明)のアンジェリーナ・ジョリー監督映画「Unbroken(英語版)」で、俳優としてハリウッドデビュー。反日映画だったため、批判を受ける。


■Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/MIYAVI

MIYAVI 紅白出演画像
「第65回NHK紅白歌合戦」=2014年12月31日

 SMAPは「みんなで歌おう!SMAPメドレー」と題し、「SHAKE」「世界に一つだけの花」「Top Of The World」を披露。「Top〜」では楽曲を作曲したギタリストのMIYAVIが演奏した。


参考歌動画:SMAPライブ「 Top Of The World」
http://www.youtube.com/watch?v=_dhDZ7ukXtE

サビは「Oh Oh Oh Oh Oh Oh Oh Oh 駆け抜けろ Top Of The World」という歌です

悪役日本人演じたMIYAVIを日本の右翼が脅迫
※反日映画「アンブロークン」出演で批判されている件について

MIYAVI_unbroken.jpg

1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 13:59:44.20 ID:???0.net
反日MIYAVI(本名:石原貴雅)、紅白2014出場に2chで批判殺到

 第二次世界大戦時に日本軍の捕虜となった後、劇的に生還した米国陸上界の元スター選手ルイス・ザンペリーニ氏(1917?2014年)の実話を映画化した『アンブロークン(Unbroken)』がクリスマスの2014年12月25日に公開され、北米で1559万2000ドル(約18億7700万円)を稼ぎ興行成績1位になった。(中略)

 『アンブロークン』が好調なスタートを切ったことで、日本軍の捕虜監視員「渡辺睦裕」を演じたMIYAVI(33)=本名:石原貴雅=も注目を浴びている。ギタリスト・歌手の「MIYAVIは日本で人気があり、海外にもファンがいるが、ハリウッドでは無名だった。しかし、『アンブロークン』を監督したハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリーが異例のキャスティングをしたこと、韓国系日本人であること、そして日本の右翼から映画出演を非難されていることなどで、いっそう注目を浴びることになった。

 1981年に大阪で、在日韓国人二世で日本国籍を取得した父と日本人の母の間に生まれたMIYAVIは中学生のころまでサッカーの有望選手だったが、15歳の時にけがをしてサッカーを断念した。その後、ギターを始めて18歳の時にビジュアル系ロックバンドでデビュー。2002年にソロに転向し、そのルックスや華やかなファッション、タップダンスなど別分野のパフォーマーとの共演などユニークなステージで人気を得て「サムライ・ギタリスト」と呼ばれるようになった。

 2000年代には韓国でもライブを行った。2008年に韓国メディアとのインタビューでは「参鶏湯(サムゲタン=丸鶏・もち米・高麗ニンジンのスープ)が好きで、これを食べるために韓国に来るといっても過言ではない」と語っている。

 そのMIYAVIが『アンブロークン』にキャスティングされたのは、「悪役の渡辺役に型にはまった俳優は使わない」というジョリー監督のこだわりがあったからだ。ジョリー監督は渡辺役を典型的な悪役ではなく立体的なキャラクターとして描こうとしていた。このため、新しい俳優を探したのだ。

この時、ジョリー監督と共に適任の俳優を探していたプロデューサー、奈良橋陽子氏の目に留まったのが、特別な成長背景や独特のステージパフォーマンスで知られていたMIYAVIだった。奈良橋氏は素性を知らせずにMIYAVIに会って「どんな俳優・女優が好きか」と聞いたところ、すぐさま飛び出した答えが「アンジェリーナ・ジョリー」だったという。米紙ロサンゼルス・タイムズによると、MIYAVIのオーディションを見たジョリー監督は歓喜し、無名の新人を出演させるため、MIYAVIのライブを見せて制作会社ユニバーサルの役員を熱心に説得したとのことだ。

 ハリウッド進出のチャンスをつかんだMIYAVIだが、心の負担になったのは、自身が演じる人物や映画が「日本がこれまで隠してきた不都合な真実」だったことだ。英紙ガーディアンなど主な海外メディアは一斉に日本の右翼が同映画に反発していることを報じ、「安倍政権発足後、歴史問題を否定し急速に右傾化する日本では、この映画は非常に不快に思われるだろう」と見通した。この映画の日本公開日はまだ決まっていない。

 MIYAVIは米時事週刊誌タイムのインタビューで、映画の元になっている実話について「知らなかったこと。原作本は日本で出版されていないが、こういう話は日本で人気が出ないだろう」と語った。そして、「私は生まれ育った国の否定的な面を見せたくはなかったが、ジョリー監督の説得で出演を決心し、知らなかったことを知ることができたので監督に感謝している。許しと和解を訴えるこの映画のメッセージは日本でも共感を呼ぶだろう」と述べた。

 しかし、MIYAVIは日本で当分、逆風に遭うことになりそうだ。映画を「捏造(ねつぞう)だ」と主張する日本の右翼勢力のうち、一部はジョリー監督の日本入国禁止を訴え、MIYAVIに対しても「韓国系」であることを取りざたし、国外追放を主張しているからだ。

 第二次世界大戦時にザンペリーニ氏同様、収容所に監禁された退役軍人フィスク・ヘンリー氏は、テキサス州サンアントニオの地元メディアに「特に収容所を描いたシーンが現実的に描写されていた。この映画を通じ、多くの人々が当時起こった出来事を正しく知ることを願う」と語った。米紙USAトゥデイは「事実に忠実なバランス感覚のある映画」と評価している。


2014年12月29日 10時21分 朝鮮日報
http://news.livedoor.com/article/detail/9625262/
posted by setsu at 13:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 受信料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする