「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2017年04月20日

NHKが日の丸を中国国旗の下に

「ニュースウオッチ9」の中で、日本の国旗を中国の国旗の真下に表示していた。産経新聞の取材に対して、NHK広報部は「国の上下関係を示す意図はなかった」と答えているが、そもそも国旗に敬意を抱いていたら、このような表示をしようなどとは思わないはず。反日的な姿勢が思わず露呈してしまったわけである。

NHK kokki.jpg



【産経新聞】NHKが日の丸を中国国旗の下に 岸信夫外務副大臣「あってはならない」
2017.4.13

 岸信夫外務副大臣は4月13日の参院内閣委員会で、独立国の国旗を上下に位置させることについて「下の国旗は下位、服従、敵への降参などを意味し、外交儀礼上、適切ではなく、あってはならない」と答えた。

NHK広報部「上空を飛行する中国機に対し、スクランブルをかける自衛隊機のイメージをわかりやすく示すため、両国の国旗と機体の画像を使って放送した。国の上下関係を示す意図はなかった」
posted by setsu at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK抗議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック