「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2015年08月01日

2015年8月15日フジテレビ「私たちに戦争を教えてください」(零戦パイロット 原田要氏)

 2015年8月15日にフジテレビが「私たちに戦争を教えてください」という終戦70周年を記念したドキュメンタリーを放映するそうです。フジテレビか。。。と思いながらも、小栗旬がインタビューしたあの零戦パイロット・原田要氏のお話はぜひとも伺いたいと思っています。

 ハワイに行った時、まず訪れたのが真珠湾でした。長年想い続けてきた真珠湾。ようやく訪問しました。訪れた時は感慨深かったです。

フジテレビ「私たちに戦争を教えてください」
小栗旬が、真珠湾攻撃に参加した元ゼロ戦「天才」パイロット、原田要さんと、パールハーバーで攻撃を受け沈められた米海軍戦艦アリゾナの元乗組員などに話を聞く。
小栗は原田さんの取材を終え
「戦争が人にいったい何を与えるのか? 想像はできても実態として体験していないものなので理解することができない。
あの真珠湾攻撃を実際に体験した方から直接お話を聞くことができ、本当に貴重な体験をさせていただいたと思います。
ぼくたちは戦争というものを体験したくはないし、世界からも争いがなくなってほしいと強く強く思う」
と語った。


2013年11月17日
映画「永遠の0(ゼロ)」を観る前に、ぜひ読んでもらいたい本


posted by setsu at 22:36| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本の誇り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
意図的な編集のなせるわざかもしれませんが、
原田さんが、自らの行為を悔いているのが残念でした。
わたしは、自らの命をかけ、国の美しい山河、故郷の父母、兄弟、姉妹、人々を身をもって護った事実は尊いと思います。
自らが犠牲となりお国を護った兵隊さんの御蔭で、今の日本の復興はあったと思います。

それにしても、若い俳優が「人殺ししていくと慣れてくるんですか?」と無神経に礼に欠く質問を老人にぶつけていて、不快だった。

お国のために立派に戦われた方を貶めるのは、フジテレビの意図とすると、こんなテレビ局なくなった方がいい。
裏で糸を引くのは、電通か韓国資本か韓国ブランド委員会か。
Posted by ま at 2015年08月28日 08:03
【ご参考】
【乞ご支援・福井県の皆様へ】
●受信料支払い率ベスト10の福井県の皆様へ改めてお願いします。
●NHKに対し、必ず、厳重に、抗議のお電話をお願いします!!
●人権侵害を行うNHKへ受信料を支払う必要はありません!!
福井県の皆様のご理解とご支援をお願いします。なお、誠に恐縮ですが、本メールのコピーを管内の全部署と全議員・全職員の皆様へ配布して下さい。

●福井県の全ての皆様方へお願いします!!
●福井県を挙げてNHKへ厳重に抗議して下さい!!
●愛知のホープ・冨田選手の人権を侵害するNHKへ愛知県民の77.9%が受信料を払わされています!! ( 全国平均75.6% )
●それでもあなたはNHKを黙って許せますか!!

【ご参考】NHK受信料支払い率ベスト10 (平成26年度末)
@秋田県 97.0% A島根県 94.2% B新潟県 92.7% C鳥取県 91.5% D山形県 91.4%
E岩手県 91.0% F富山県 90.1% G青森県 89.9% H山口県 89.2% I福井県 88.8%

心ある福井県の官吏・公吏の皆様へお願いします。
NHKは不正な裁判で冨田選手を抹殺するな!!
小保方晴子、笹井芳樹、そして、冨田尚弥か!!
皆様にはNHKによる人権侵害が許せますか!!
NHKへ、必ず、抗議のお電話をお願いします。

実は、競泳・冨田選手カメラ事件の本質は、本来なら、韓国の裁判の不当性を暴き、冨田選手の人権を擁護すべきNHKが、それとは全く逆に、韓国の裁判の矛盾や問題点を我々に隠し、一方で冨田選手の主張を封じて、彼に犯罪者・悪人との印象を押しつけ、結果、無実の冨田選手を社会的に抹殺したことにあります。要するに、本来は国民の味方として公権力のチェック機能を担うべきNHKが、その期待に背いて、しかも、韓国の公権力の横暴に同調したのです。これが事実であろう事は、以下のごく簡単な質問にも答えないNHKの態度・姿勢からもご推察がいただけるかと存じます。ここで敢えて皆様にお聞きしたいと思います。受信料を負担する皆様方には、果たして、こんな質問にも答えない卑怯なNHKが許せるのでしょうか。ここでは我々の主張をご理解いただくと共に、先ずは、皆様方がご自身でNHKへお電話で質問をされ、NHKへ直接にご叱責とご抗議のご意思をお伝え願いたいと思います。なお、以下の文面は8月9日に愛知県内4市と愛知県庁へ送ったものです。ご参考までにご一読をお願いします。最後に、皆様方の暖かいご理解と力強いご支援を改めて心からお願い申し上げます。  

BPO(放送倫理番組向上機構)は、8月18日、NHKによる人権侵害を訴える小保方晴子氏の申し立てを受理し、審理入りすることを決定しました。(下記をご参照) この問題の本質は、公共放送NHKが、その特権を用いて「人権侵害の限りを尽くした」(小保方氏の主張)ことです。その根本は、冨田選手の場合と全く同じです。それ故に、上記の文言は敢えて変える必要はないものと考えております。今後とも、ご理解とご協力をお願いします。
なお、詳しくは、既にお送りしております下記のメールを、併せてご参照ください。
東海市、豊橋市、一宮市、名古屋市、愛知県庁の皆様は→2015.7.26「愛知県民の皆様へ訴えます」を、
豊川市の皆様は→2015.7.27 「豊川市民の皆様へ訴えます」をご参照ください。

(以下の文面は8月9日に愛知県内の4市と県へ送付したものです。なお、NHKの回答はありません。)


●冨田選手カメラ事件に関し、NHKへ公開で質問します。
●冨田選手は本当にカメラを盗んだのですか?
●先の8月6日に以下の質問をさせていただきましたが、残念ながらNHKからのご回答がありません。止むを得ませんので、今回は応援団を増やして、改めてお尋ねします。NHKは誠意をもってご回答下さい。
●冨田選手カメラ事件に関し、NHKへ公開でご質問します。
●競泳・冨田尚弥選手のカメラ窃盗事件に関し、NHKとしてのご認識をお伺いします。
●【質問】NHKのご認識としては、@冨田選手は本当にカメラを「盗んだ」とのご認識でしょうか、それとも、A冨田選手は本当はカメラを「盗んではいなかった」とのご認識でしょうか。あるいは、B冨田選手がカメラを「盗んだ」とも「盗んでいない」とも言えないとのご認識でしょうか。あるいは、何らかのお答えができない理由があるのでしょうか。誠意をもってご回答をお願いします。
●なお、本件は冨田選手の人権に関わる極めて重大な事項につき、敢えて、全国のNHK放送局の中から、函館、旭川、秋田、福島、前橋、水戸、長野、新潟、福井、津、神戸、大津、松江、山口、高知、高松、福岡、熊本の18局のお問い合わせフォームを通して、NHKのご認識をお尋ねすることとし、同時に、本件に重大な関心を寄せる、冨田選手の住所地・東海市、隣接の名古屋市、冨田選手の母校・豊川高校の豊川市、隣接の豊橋市、そして、主管の愛知県庁の各部署へも同文でお送りしています。何卒、ご理解とご協力をお願いします。

●【お願い】東海市、豊川市、豊橋市、名古屋市、愛知県の皆様方のご声援をお願いします。

電話・NHK名古屋・052-952-7111 NHK東京・03-3465-1111


【ご参考】放送人権委員会 ニュース・トピックス 2015年8月18日

「STAP細胞報道に対する申立て」審理入り決定
放送人権委員会は8月18日の第223回委員会で、上記申立てについて審理入りを決定した。
対象となったのは、NHKが2014年7月27日に『NHKスペシャル』で放送した特集「調査報告 STAP細胞 不正の深層」で、番組では英科学誌「ネイチャー」に掲載された小保方晴子氏、笹井芳樹氏、若山照彦氏らによるSTAP細胞に関する論文を検証した。
この放送に対し小保方氏は、本年7月10日付で番組による人権侵害、プライバシー侵害等を訴える申立書を委員会に提出。その中で本件番組がタイトルで「不正」と表現し、「何らの客観的証拠もないままに、申立人が理研(理化学研究所)内の若山研究室にあったES細胞を『盗み』、それを混入させた細胞を用いて実験を行っていたと断定的なイメージの下で作られたもので、極めて大きな人権侵害があった」と訴え、NHKに公式謝罪や検証作業の公表、再発防止体制づくりを求めた。
また申立書は、本件放送では論文に多数の画像やグラフが掲載されているが、「何らの科学的説明もないまま、『7割以上の不正』があったとする強いイメージを視聴者に与える番組構成は、強い意図をもって申立人らを断罪した」と主張。さらに番組が申立人の実験ノートの内容を放送したことについて、「本人に無断でその内容を放送した行為は、明白な著作権侵害行為であり、刑事罰にも該当する」と述べている。
このほか申立書は、(1)「申立人と共著者である笹井氏との間で交わされた電子メールの内容が、両者の同意もなく、完全に無断で公開されたことは完全にプライバシーの侵害であり、また、通信の秘密に対する侵害行為」、(2)申立人の理研からの帰途、番組取材班が「違法な暴力取材」を強行して申立人を負傷させた、(3)本件番組放送直後、論文共著者の笹井氏が自殺した。本件番組と自殺との関係性は不明だが、本件番組が引き金になったのではないかという報道もある。「本件番組による申立人らへの人権侵害を推定させる大きな重要事実と考える」――などと指摘、番組が「人権侵害の限りを尽くしたもの」と主張している。
これに対しNHKは8月5日委員会に提出した「経緯と見解」書面の中で、「本件番組は、申立人がES細胞を盗み出したなどと一切断定していない」としたうえで、「今回の番組は、世界的な関心を集めていた『STAP細胞はあるのか』という疑問に対し、2000ページ近くにおよぶ資料や100人を超える研究者、関係者の取材に基づき、客観的な事実を積み上げ、表現にも配慮しながら制作したものであって、申立人の人権を不当に侵害するようなものではない」と反論した。
また、理研の「研究論文に関する調査委員会」はその調査報告書の中で、「小保方氏が細胞増殖曲線実験とDNAメチル化解析において、データのねつ造という不正行為を行ったことを認定した」と端的に述べており、「このように、STAP論文における不正の存在は所与の事実であって、本件番組のタイトルを『調査報告 STAP細胞 不正の深層』とすることに、何らの問題もないと考える」としている。
NHKはさらに、「実際に、7割以上の画像やグラフについて専門家が疑義や不自然な点があると指摘した事実を紹介したに過ぎず、NHKの恣意的な評価が含まれている訳でもない」と指摘。申立人の実験ノートの内容を放送したことについては、「申立人が、実際にどのように実験を行っていたのかを記した実験ノートの内容は、本件番組において紹介することが極めて重要なものであり、著作権法41条に基づき、適法な行為と考える」と主張している。
そのうえでNHKは、(1)申立人と笹井氏の間の電子メールは、笹井氏が、申立人に対し、画像やグラフの作成に関して具体的な指示を出していたことを裏付けるものであり、申立人の実験ノートと同様に、本件番組において紹介することが極めて重要なもので、「違法なプライバシーの侵害にはあたらない」、(2)今回の申立人に対する直接取材は、報道機関として、可能な限り当事者を取材すべきとの考えから行ったもの。また取材場所も、パブリックスペースにおいてコメントを求めたものであり、直接取材を行ったこと自体は問題がなかったと考えている、(3)申立人が指摘するとおり、本件番組と笹井氏の自殺の関係は不明であり、本件の審理において考慮されるものではないと考える――などとして、本件番組は、「申立人の人権を不当に侵害するものではない」と述べている。
委員会は、委員会運営規則第5条(苦情の取り扱い基準)に照らし、本件申立ては審理要件を満たしていると判断し、審理入りすることを決めた。
次回委員会より実質審理に入る。
放送人権委員会の審理入りとは?
「放送によって人権を侵害された」などと申し立てられた苦情が、審理要件(*)を満たしていると判断したとき「審理入り」します。
ただし、「審理入り」したことがただちに、申立ての対象となった番組内容に問題があると委員会が判断したことを意味するものではありません。
Posted by なかや at 2015年09月11日 08:50
まさん、コメントありがとうございます。

フジテレビの特番にはがっくりきました。
原田氏は、国を守るために命懸けで戦われたのです。まずそのことを伝えなければいけない。そもそもなぜ日本は戦争しなければならなかったのか伝える必要があります。欧米の石油禁輸によって、自存自衛のため戦わなければならなかった。
それ以前に、欧米によるアジアの植民地支配があった。

後世の人間は、原田氏ら日本の恩人に対して、感謝と尊崇の念をもって臨むべきだと思います。礼と恩義を忘れた民族は滅びていくのみです。
Posted by setsu at 2015年10月01日 00:09
なかやさん、
大変内容の濃いコメントありがとうございます。
Posted by setsu at 2015年10月01日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。