「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2015年07月31日

『絶歌』「言論の自由」を盾に、社会に害毒を撒き散らした出版社

 1997年5月、猟奇的な殺人事件を起こした当時14歳の酒鬼薔薇聖斗なる、常軌を逸した人物が書いたとされる本が出版された。

 この本を出版した太田出版の主張を読んだが、吐き気がした。太田出版がどれほど綺麗ごとを言おうが、実際のところは、金もうけのために、出版社としての良心・魂を悪魔に売ったということだ。

『絶歌』の出版について(太田出版)

 太田出版が主張する「出版する事に意義がある」など、嘘っぱちということを喝破した文章がある。「遺族が何を思おうと、サカキバラを神格化する精神破綻寸前の今10代の少年少女にどれだけの悪影響を与え居ようと知ったことじゃない。売れる。だから出す。それだけ。」社会にどれほど害毒を垂れ流そうが、自分の懐が潤うことの方が大事なのか?「言論の自由」をふりかざせば、どれほど反社会的な行為を行なっても許されるのか?そんな社会、おかしいだろう。

未成年犯罪者の手記の出版を阻止したことがある身として絶歌に思う事

絶歌を出版した太田出版の言い分がサイトに上がっていた。白々しいし、軽薄だ。ここで私が声を大にして言いたい事は、中小出版社が口にする「出版する事に意義がある」という決まり文句はウソってことだ。そんなものは存在しない。
 
彼らにとって、10万部という数字は涎が出る凄まじい数字だし、つまりそれ以上でもそれ以下でも無い。出せば売れるのが間違いない話が舞い込んできた、出版は確定、さあどういう理屈を後付けしよう。そんだけのこと。言論の意義とか大仰なことは単なる化粧だ。本音はそこじゃない。売れるから出す。出す事によって起る諸々の波紋はオタクさんたちで解決してくださいねっていう無責任な態度にしか過ぎない。
繰り返すけれど、太田出版は未成年犯罪者の手記を世に出すことが社会的な意義があるなんてこれっぽっちも思ってない。そこは断言できる。遺族が何を思おうと、サカキバラを神格化する精神破綻寸前の今10代の少年少女にどれだけの悪影響を与え居ようと知ったことじゃない。売れる。だから出す。それだけ。
 

「絶歌」は誰が書いたのか サムの息子法 何故太田出版なのか 酒鬼薔薇事件

2015-06-18
太田出版の社長、岡聡、の絶歌出版に関わるコメントが痛すぎる



酒鬼薔薇聖斗(東慎一郎)の手記、絶歌、の出版停止並びに追加出版しないことと、利益を全額遺族へ支払うことを求める

posted by setsu at 00:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 話題のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もともとは幻冬舎の見城徹が仕掛け人で、安倍首相や官邸との関係を深め、フィクサー化していったので、出版をあきらめて太田出版が喜んで喰いついたみたいな話。
みんなが金欲しさにやったと知っているのに、尤もらしいことを言って煙に巻くような態度、唾棄すべき詐欺師の態度だ。
下衆の極みだね。
Posted by ま at 2015年08月01日 20:41
コメントありがとうございます。
太田出版は最低。この本を買った人も同罪。罪が重いですね。
Posted by setsu at 2015年08月01日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック