「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2014年02月11日

佐村河内守:NHKが全面謝罪した「週刊文春」大スクープ

佐村河内守という詐欺音楽家を大々的に持ち上げてきたNHK。「週刊文春」の大スクープが発売される前日に、大越健介が「ニュースウオッチ9」で全面謝罪したとのことだが、「Japanデビュー」の歪曲報道はなぜ謝罪しないで、頬かむりしたままなのか。

(449)NHKが全面謝罪した「週刊文春」大スクープ
2014.2.9 07:00 (1/2ページ)[花田紀凱の週刊誌ウォッチング]
佐村河内守さん

 発売前日にNHKの「ニュースウオッチ9」で大越健介キャスターが深々と頭を下げて謝罪。

 音楽界、前代未聞のスキャンダルと言っていいだろう。

 『週刊文春』(2月13日号)の大スクープ「全聾(ろう)の作曲家佐村河内(さむらごうち)守はペテン師だった!」。

 広島生まれの全聾の作曲家、「現代のベートーベン」と呼ばれ、2011年に発表した80分を超える大曲「交響曲第一番HIROSHIMA」はクラシック界では異例の18万枚完売。昨年3月31日に放送された「NHKスペシャル『魂の旋律〜音を失った作曲家』」では東日本大震災の被災地の石巻、女川を訪ねながら創作する過程が紹介された。

 そればかりではない。ソチ五輪でフィギュアの高橋大輔選手が使用予定の「ソナチネ」も氏の作曲−−。

 ところが氏の楽曲すべては別の無名の作曲家がつくっていたというのだ。しかも全聾というのも嘘。

 そのすべてをゴーストライト(作曲)していた新垣(にいがき)隆氏がノンフィクション作家の神山典士氏に告白したというのだから、NHKとしても全面謝罪せざるを得なかったのだろう。

 〈「私は十八年間、佐村河内守のゴーストライターをしてきました。(中略)私は何度も彼に、『もう止(や)めよう』と言ってきました。ですが、彼は『曲を作り続けてほしい』と執拗(しつよう)に懇願し続け、私が何と言おうと納得しませんでした。昨年暮れには、私が曲を作らなければ、妻と一緒に自殺するというメールまで来ました」〉

 〈「楽譜が全く書けない。正式なクラシックの勉強をした形跡もない。ピアノだって、私たちの常識では『弾けない』レベルです」〉

 〈「打ち合わせしても、最初は手話や読唇術を使ったふりをしていても、熱がこもってくると、普通の会話になる。彼自身も全聾のふりをするのに、ずっと苦労したんだと思います」〉

 事実は小説より奇なりと言うしかない。

 他誌に触れる余裕がなくなった。(『WiLL』編集長)


posted by setsu at 21:18| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 番組チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。クラシックのことには詳しくはないのですが、NHKでの番組での作り方自体に問題があったという指摘がありました。
音楽家の善意を悪用、一線を越えた偽ベートーベン
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39908

それから、change.orgで、「NHK解体」の署名がありましたよ。
http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/%E3%81%A1%E3%82%83%E3%83%BC%E3%81%9F%E3%82%93-nhk%E3%82%92%E8%A7%A3%E4%BD%93%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BB%E3%81%97%E3%81%84?share_id=YNObTNGTyL&utm_campaign=twitter_link&utm_medium=twitter&utm_source=share_petition
Posted by 一風斎 at 2014年02月12日 22:14
一風斎さん、ありがとうございます。

ゴーストライターの新垣氏は、一流の音楽家だったのですね。そうでなければ、やはり多くの人を感動させることはできないと思います。しかし、佐村河内守という人物、本当に胡散臭いですね。

Change.orgの署名活動は、紹介させていただきます。
Posted by setsu at 2014年02月12日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。