「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2013年10月27日

NHKは狂っている! 5分でわかるyukkyの世界名作小説「注文の多い料理店」

 読者の方から、5分でわかるyukkyの世界名作小説「注文の多い料理店」がひどいと教えていただきました。

 ネットで確認したところ、驚きました。もう狂っているとしか思えない。

 NHKのサイトからはこの映像が消去されていますが、ネット上で画面ショットが公開されていたので、掲載します。

「ポポポポ〜ン「あいさつの魔法」で人気を博したイラストレーターのyukkyが、世界の名作小説を個性的なアニメーション作品にしました。たった5分で「教養」をお届け!」という趣旨の番組らしい。
 
http://blog.esuteru.com/archives/7379406.html
NHKの宮沢賢治の注文の多い料理店のアニメ、主人公2人がお互いをダーリン&ハニーと呼びあい、クリームを塗りあい「もっと優しく!もっと激しく!」と悶え、「この店のせいで、君まで注文が多くなってしまったかい?」ってやってるんだけど(汗)


NHK注文の多い店.jpg

NHK20131026-1.jpg

NHK20131026-2.jpg

NHK20131026-3.jpg

NHK20131026-4.jpg

NHK20131026-5.jpg

NHK20131026-6.jpg

NHK20131026-7.jpg

NHK20131026-8.jpg

NHK20131026-9.jpg

NHK20131026-10.jpg

NHK20131026-11.jpg

NHK20131026-12.jpg

NHK20131026-13.jpg

NHK20131026-14.jpg

NHK20131026-15.jpg

NHK20131026-16.jpg

NHK20131026-17.jpg


posted by setsu at 01:08| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 番組チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガチホモですか、ずいぶんと解放されていますね。

偽か真か中共の「日本解放第二期工作要綱」によると、
NHKはこの工作に忠実に実行しているのでしょうね。

2−2.テレビとラジオ
A.これらは、資本主義国においては「娯楽」であって、政府の人民に対する意志伝達の媒介体ではない。
この点に特に留意し、「娯楽」として利用することを主点とすべきである。

具体的な方向を示せば、「性の解放」を高らかに謳い上げる劇又は映画、本能を剌激する音楽、歌謡等は望ましい反面、スポーツに名を借りた「根性もの」と称される劇、映画、動画、または歴史劇、映画、歌謡並びに「ふるさとの歌祭り」等の郷土愛、民族一体感を呼び醒ますものは好ましくない。
前者をより多く、後者をより少なく取り上げさせるよう誘導せねばならない。

B.テレビのニュース速報、実況報道の利用価値は極めて高い。画面は真実を伝えるものではなく、作るものである。
目的意識を持って画面を構成せねばならない。

C.時事解説・教養番組等については、新聞について述べた諸点がそのまま適用されるが、これは極めて徐々に、少しずつ注意深くなされねばならない。
Posted by ま at 2013年10月27日 13:24
まさん、ありがとうございます。

かつての教育テレビ、いまのEテレの破廉恥・低俗ぶりは本当に目にあまるものがあります。

それもこれも、中共の「日本解放第二期工作要綱」に則って番組制作されているとするならば、合点が行きますね。

国宝風神雷神を、オフィスラブにたとえてアニメ&歌で紹介している番組がありましたが、これも日本人の精神を低俗な笑い・娯楽で堕落させようという意図が隠されていると思われます。
Posted by setsu at 2013年10月27日 13:46
NHKではないですが、毎日新聞はこんなことをしていたのですね!
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/entry/624763/

ここ数年、(違いがよくわかりませんが)オカマ、オネエ、ゲイ、二ューハーフと言われる人たちが、頻繁にテレビに出るようになっていることに違和感を感じていました。
台風でいまは未遂となっているあさイチの主婦買春といい、日本人女性のイメージを愚民化しようとする意図を感じます。
Eテレのアニメも海外に流れているのでは?


Posted by さくらこ at 2013年10月27日 16:50
さくらこさん、ありがとうございます。

毎日新聞が英文サイトで、日本人を侮辱するとんでもないデマを発信しつづけていた問題がありましたね。

毎日新聞英文サイトWaiWaiコラムの不適切記事問題
http://www.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/mainichi.html

NHKの問題と通底する問題だと思います。

すごく異常なことが進行しているのに、視聴者が面白がっていて、この問題について感覚が麻痺してしまっている可能性があります。

恐ろしいです。




Posted by setsu at 2013年10月27日 22:03
setsuさん、いつもありがとうございます。
なぜ侮日新聞と書かれていたのか、その意味をはじめ、自分がこれまで知らなかったことがあまりに多く、無知であることの恐ろしさを痛感しています。

別記事ですが、マスコミでは封じ込められていた?史実を知ると、setsuさんが紹介されていた共産党の日本解放第二期工作要綱には、とてもリアルな印象を持ちます。

〜戦後サヨクのルーツは戦前左翼。戦前から盛んにスパイ活動していた共産主義者・コミン -テルンに行きつく。
戦前・戦中と日本の国家機密をソ連に密告し続けた朝日新聞記者尾崎秀実のゾルゲ事件は -有名。

*反日メディアが成立つ構造
*日本の危機「保守合同」自由民主党=「憲法改正と反共」を旗印にした
*3:40〜レッドパージ ・・・日本のマスコミから704人位、共産党及びそのシンパということでパージされている。
そのうち一番多かったのは149人のNHKなんですよね。
その次が104人の朝日新聞なんです。〜

ご存知かもしれませんが、このブログで、ネット上で交わされるさまざまな話の根拠を知ることができましたのでアドレスを貼り付けさせてもらいます。
http://blogs.yahoo.co.jp/kuretakenoyo/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%A5%EC%A5%C3%A5%C9%A5%D1%A1%BC%A5%B8


それと、スイスの民間防衛について。
wikiより
〜徹底的な武装中立を志すスイスでは、1969年(ちなみにチェコ事件の翌年である)に、当時の冷戦の高まりを受け、スイス政府がタイトルそのままの冊子『民間防衛』を各家庭に260万部発行・無償で配布した歴史がある。〜敵国のプロパガンダやスパイに対する対策や、万が一敵国に占領された場合(但し政府が交戦の末に降伏したのか否かについては一切記述がない)のレジスタンス活動の心得など、有形無形の危機が仔細に渡って解説されている。〜
日本の置かれた状況がよくわかりますね。

http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-373.html
Posted by さくらこ at 2013年10月29日 10:07
setsuさん、いつもありがとうございます。
なぜ侮日新聞と書かれていたのか、その意味をはじめ、自分がこれまで知らなかったことがあまりに多く、無知であることの恐ろしさを痛感しています。

マスコミでは封じ込められていた?史実を知ると、setsuさんが紹介されていた共産党の日本解放第二期工作要綱には、とてもリアルな印象を持ちます。

〜戦後サヨクのルーツは戦前左翼。戦前から盛んにスパイ活動していた共産主義者・コミン -テルンに行きつく。
戦前・戦中と日本の国家機密をソ連に密告し続けた朝日新聞記者尾崎秀実のゾルゲ事件は -有名。

*反日メディアが成立つ構造
*日本の危機「保守合同」自由民主党=「憲法改正と反共」を旗印にした
*3:40〜レッドパージ ・・・日本のマスコミから704人位、共産党及びそのシンパということでパージされている。
そのうち一番多かったのは149人のNHKなんですよね。
その次が104人の朝日新聞なんです。〜

ご存知かもしれませんが、このブログで、ネット上で交わされる話の根拠を知ることができましたのでアドレスを貼り付けさせてもらいます。
http://blogs.yahoo.co.jp/kuretakenoyo/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%A5%EC%A5%C3%A5%C9%A5%D1%A1%BC%A5%B8


それと、スイスの民間防衛について。
wikiより
〜徹底的な武装中立を志すスイスでは、1969年(ちなみにチェコ事件の翌年である)に、当時の冷戦の高まりを受け、スイス政府がタイトルそのままの冊子『民間防衛』を各家庭に260万部発行・無償で配布した歴史がある。〜敵国のプロパガンダやスパイに対する対策や、万が一敵国に占領された場合(但し政府が交戦の末に降伏したのか否かについては一切記述がない)のレジスタンス活動の心得など、有形無形の危機が仔細に渡って解説されている。〜
日本の置かれた状況がよくわかりますね。

http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-373.html
Posted by さくらこ at 2013年10月29日 10:48
さくらこさん、ありがとうございます。

以下は記事でも取り上げさせていただきます。

「レッドパージ ・・・日本のマスコミから704人位、共産党及びそのシンパということでパージされている。
そのうち一番多かったのは149人のNHKなんですよね。
その次が104人の朝日新聞なんです。〜」

『民間防衛』は、阪神淡路大震災直後に入手し、いまでも手元にあります。だけど、ちゃんと読んでいなかったので、目を通しておこうと思いました。
Posted by setsu at 2013年10月30日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。