「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2013年04月17日

「NHKで幹部に昇進した在日が4人李紀彦・玄真行・田容承・朴元瑛源」?

 読者の方から、韓国人ディレクター「田容承」(チョン・ヨンスン)について教えていただき、少し調べてみました。

 ネットで、「NHKで幹部に昇進した在日が4人李紀彦・玄真行・田容承・朴元瑛源」という情報が流れていた。果たして、この4人がNHKで幹部に昇進したのかどうか、確認することはできなかったが、NHKにかつて在職していたり(朴元瑛源)、NHKで放映された番組のディレクターを務めていたことは確認できた(李紀彦・玄真行・田容承)。NHKが韓国人や在日朝鮮人のディレクターをよく使っていることはわかった。

NHK幹部.png

 しかし、少なくともこの中の朴元瑛源(えのもとえいげん)は、子会社「NHKエデュケーショナル」にNHKから出向中、児童買春のため警視庁に逮捕され、東京簡裁から罰金50万円の略式命令を受け、2007年6月26日付けで懲戒免職処分になっていて、少なくとも現在、NHKに在籍していない「はず」である。もし在籍していたら、性犯罪者を復職させたことになり、大問題である。

NHK子会社社員の児童買春:懲戒免職処分に
2007.06.20 毎日新聞社東京朝刊 28頁 社会面 
NHKは19日、児童買春禁止法違反容疑で逮捕された子会社「NHKエデュケーショナル」語学部の朴元瑛源チーフプロデューサー(34)=NHKから出向中=を、26日付で懲戒免職処分にすると発表した。11日に東京簡裁から罰金50万円の略式命令を受け、NHKの調査にも犯行を認めたという。5月31日、高校1年の女子生徒に現金4万円を払ってわいせつな行為をしたとして、警視庁に逮捕された。


 次に、田容承(チョン・ヨンスン)であるが、韓国・ソウル出身の韓国人ディレクターである。この人物はテレビ朝日のディレクターでもあったが、NHK「プロジェクトJAPAN」の一環である、ETV特集: シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」も担当している。NHKは、なぜ韓国人ディレクターを使ったのか、と放送当時から疑問が呈されたようである。この番組放映当時、来日して8年だったとのこと。

ETV特集「日本と朝鮮半島2000年」 NHKは韓国人に乗っ取られたのか?
韓国朝鮮のマスコミ侵略

 次に、李紀彦だが、NHKの「よみがえる海峡を越えた絆・朝鮮通信史400年」という番組を担当したらしい。

 最後の玄真行は在日韓国人2世。プロフィールに「1958年、東京生まれ。父母は、韓国済州島出身。」とある。東京ビデオセンターなどに所属しているらしいので、NHK職員ではなく、外注先ではないかと推測される。

http://www.tvc-net.com/shas/director.html
◆プロフィール◆
1958年、東京生まれ。父母は、韓国済州島出身。
兄と2人の姉を持つ末っ子の玄に、父は、「自分のやりたいことをやれ」と言って聞かせていた。そんな父が高校2年の時、癌で急逝。ものを表現する自由な仕事をしたいと作家を夢見ていた玄は、家を出て、バイトをしながら受験勉強を続ける。母が影で支えてくれた。早稲田大学第2文学部に学び、84年テレビの制作会社テレコム・ジャパンに入社。活字志向だった玄にとって、テレビは未知の世界だった。そんな時、脳裏に浮かんだのが、遠い日、テレビを見て泣いていた母の姿。母は読み書きができない。でも、テレビは見られる。“お袋が泣くようなものを作っていこう”これが原点となり、今へ続くドキュメンタリー作家としての玄の支えとなっていく。
精力的な創作活動が評価される中「在日だから撮れる」との声に反発、「人間として人間を撮りたい」と“一番”を目指し、90年フリーに。和歌を詠む台湾老人に“言葉って何?”と問う「台湾万葉集?命のかぎり詠みゆかむ?」で数々の賞を受賞。初めて“これが自分の作品”といえるものとなったという。96年にはクリエイティヴ・ネクサスのチーフディレクターとなり、優れたドキュメンタリーを発表し続けてきた。
在日コリアンのための老人ホームを撮った「故郷の家」では、半年間在日一世を追い続け、母の姿を重ねた。作品が出来上がった時、母にやさしくなれた自分に気付き“ドキュメンタリーを撮ることは、人間として自分をマシにしてくれる”と思うようになったという。
節目の20年目、再びフリーとなって韓国に渡り、取組んだ「シャウト オブ アジア」。初の劇場公開作品である。

◆おもな演出作品◆
1988年  「幻の東京オリンピック」共同演出(テレビ朝日)※ギャラクシー大賞受賞
1995年  「台湾万葉集〜命のかぎり詠みゆかむ〜」(NHK)
        ギャラクシー(放送批評懇談会)選奨
        ATP(社団法人 全日本テレビ番組製作社連盟)郵政大臣賞
        ATPドキュメンタリー最優秀賞
1996年  「故郷の家〜在日韓国・朝鮮人の特別養護老人ホーム〜」(フジテレビ)
1997年  「巨鯨に挑む〜インドネシアの海人ラマファー〜」(関西テレビ)
        ATPドキュメンタリー最優秀賞
1998年  「神々の詩アリラン」(TBS)
        ギャラクシー奨励賞
1999年  「幻の鯨イッカク〜北極・人間たちの大地へ〜」(関西テレビ)
        ATPドキュメンタリー最優秀賞
        ギャラクシー奨励賞    
2003年  「アジアの歌」(BSフジ)
2005年  「シャウト オブ アジア」 4月23日〜5週間 (渋谷シネ・ラ・セット)
2005年  「にんげんドキュメント かあちゃんは好敵手 棋士・藤沢秀行と妻モト」 (NHK)
        ATP2005 グランプリ 受賞
        ATPドキュメンタリー最優秀賞
2005年  「そして僕は日本で生まれ育った〜在日コリアン・家族の100年〜」 (NHK)
        
1995〜2005年までの一連の演出に対して ATP特別賞(個人賞)受賞


HV特集 この国を見つめて「新在日外国人」
 玄氏の両親は在日1世だ。自らの意思でなく”日本”にやってきて、玄氏は小・中・高・大学と日本語での教育を受けた。国籍は「韓国」で、パスポートにも韓国名が記されている。だが、彼は韓国語が出来ない。

 彼の仕事の後輩=ジョン・ヨン・スンは韓国人で、日本で映像の仕事に携わっている。ジョンにとって韓国で映像の仕事をする事よりも、大変でも他国で仕事をする事のほうが面白い・・・・そう考えて日本で仕事をしているのだそうだ。
最初ジョンにとって、在日韓国人にどう接したら良いのか、わからなかったし、玄氏のパスポートの韓国名にも驚いたそうだ。日本で暮していても「日本人」にはならない。
posted by setsu at 23:27| 東京 ☀| Comment(22) | NHK追及 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
李紀彦、NHKの「よみがえる海峡を越えた絆・朝鮮通信史400年」の担当ですか…

NHKは朝鮮通信使の真実を伝えてほしいです
朝鮮通信使は鶏を盗んで町人と喧嘩していたそうな
リンク先に有名な絵があります

http://kokis.client.jp/noby/n45_tushinshi.html


Posted by ま at 2013年04月18日 08:19
setsuさん、いろいろと調べてくださり、ありがとうございました。
よませていただいて、あらためてびっくり。
ひょっとしたら 、通名を禁止したらとんでもない数の反日制作者が携わっている現実が炙り出されるのでは?と、想像してしまいます。
鬼木議員の質疑も見せていただきました。
一般国民目線での質疑で、明快でしたね。海外での限られた日本語放送に登場するニュース、クロ現の説得力は、鬼木議員が中国で体験された感覚に共感を覚えます。でも、当然ながら、これらはニュースにはとりあげられないんですよね。このようなわかりやすい問題提起が、お花畑の視聴者に届いていないのが残念です。


Posted by さくらこ at 2013年04月18日 21:35
「ま」さん、コメントありがとうございます。

朝鮮通信使が、鶏を盗んで町人と喧嘩している絵を見ました。ひどいものです。京都大学所蔵の絵なんですね。

以下のブログで、反日広告代理店「電通」がNHKを支配する仕組みが紹介されていました。NHK職員ではなく、外部の制作会社に所属する在日朝鮮人や韓国人ディレクターをNHKに送り込んで、反日番組を制作させているようです。私も今回調べてみて、そのとおりだろうと思いました。外部の制作会社を選定する時に、反日的な人物に委託しないなど基準を設ける必要があると思いました。

http://ccp58800.blog25.fc2.com/blog-entry-455.html

「電通がNHKの番組に干渉するからくりは,NHKの子会社であるNHKエンタープライズと電通が共同出資して番組制作会社綜合ビジョンを作り,そこにNHKの番組の制作を委託しているからのようです。この会社の持株比率は、NHKエンタープライズと電通が各々25%、そのほかで50%になっています。そしてその会社に沢山入り込んだ在日南北朝鮮人プロデューサーが韓流捏造の番組作りをしていると言われているのですが」
Posted by setsu at 2013年04月19日 00:32
さくらこさん、NHKは、おそらく外部の制作会社に所属している在日朝鮮人や韓国人ディレクターを使って、反日番組を制作しているのだろうと思われます。

数年前に「正論」に掲載されたそうですが、NHKは海外(フランス)ですさまじい反日活動をしていたことがわかりました。内容を精査して、あらためて記事で紹介したいと思います。

また、これからも情報をお寄せkださい。宜しくお願い致します。


NHKが関与した恐るべき事実!「Apocalypse(黙示録)」
http://blog.livedoor.jp/nu_net-aion/archives/3135537.html

Posted by setsu at 2013年04月19日 00:38
NHKについては多くの心ある人達が解体を叫んでいるので、NHKがやってきた事についてはここで言いません。NHKの所業はすべて彼らの確信から出ているので、態度を改めるとか姿勢を正すなど謝られてもそれは嘘偽りです。以後、NHKが何を言い始めても絶対騙されません。

NHK真の支配者は誰か解りませんが余りの酷さに一矢報いんと投稿いたしました。

<提案します>
私たちが買って所蔵しているテレビは私たちの大切な財産です。アンテナも、アンテナの支持線も取り付け具も私たちの財産です。アンテナを2偕の屋根に取り付けるのも相当経費が掛かっています。それをNHKはテレビ受信契約止めたければ、
1、リサイクルに出せ(リサイクル費用必要)。更にリサイクルに出した証明書を出せ。
2、テレビを室外に出せ。
3、アンテナ撤去せよ。

などを要求してくる。
訪問職員によって少し異なるが大体この様な事を言ってくる。
もっと酷いのは確認のため室内に入れさせろ、裁判で訴えるぞなど。

では私たちはテレビ受信を辞めてやる代わりに、逆にNHKに要求しよう。

1、テレビは大切な財産だ、その財産をリサイクルに出すのだから、リサイクル代金と次のテレビ購入時の代金はNHKが払え。
2、まだ使えるテレビをリサイクルに出すのは資源の無駄だ。次見たくなるまで貸倉庫に預けるからその保管料と往復のタクシー代(運賃)払え。
3、アンテナも撤去してやるからアンテナと撤去費用もNHKが払え。次アンテナ建てる時のアンテナ代と取り付け費用はNHKが払え。


<もうひとつ提案>

これくらいではNHKは痛くも痒くもないので、以上の方法による契約廃止と再契約を交互にやりましょう。契約と廃止要求を頻繁に繰り返しましょう。台湾について捏造の映像を流したことから始まった「1万人裁判」もNHK側の断然有利に進んでいます。
NHKが日本潰しの番組を流したら即時に契約廃止を申し出、しましょう。いや、もうそんなことを言っている余裕がありません。

皆さま 多く、拡散お願いいたします。

Posted by 日本 at 2013年05月05日 01:29
日本さん、コメントありがとうございます。

多くの視聴者、日本人がNHKに対して疑問・怒り・憤りを抱いていると思われます。

国会議員の先生方にNHKを解体していただけるよう、私たち一人一人が声を発していきましょう。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。
Posted by setsu at 2013年05月08日 21:56
私は、2001年に元朝日記者の松井やよりと
朝鮮総連が開催した「エセ慰安婦国際法廷」
をNHKが全面支援したときから抗議のために
受信料を払っておりません。

「天皇陛下」を強姦罪で有罪だとエセ判決を
出した無茶苦茶な茶番劇をNHKは準備から
報道まで徹底して支援しましたね。
3日間の開催期間中、連日7時のニュースで
トップ項目として扱い、しかも、他の重要な
ニュースをそっちのけにして5分間という
長時間扱いました。

NHkが総力を挙げてこの反日エセ裁判を
支援したのです。

抗議して支払い拒否を始めて、何度も
徴集人や営業担当が家に来ましたが、
徹底して批判し、戦いました。

1年ほどして来なくなりましたね。

Posted by 風太 at 2013年05月29日 18:38

 その当時、少しNHK内部のことを調べたんですが、

実はNHKの教育チャンネルが反日左翼に支配されて

いるということを知りました。

彼らの狙いは日本国民の洗脳手段としての

教育チャンネルだとのこと。


Posted by 風太 at 2013年05月29日 18:41
風太さん、コメントありがとうございます。

NHKの教育テレビ(いまはEテレとかいうらしいですが)が危険なのですね。要チェックです。

「エセ慰安婦国際法廷」は、VAWW-NET JAPANの発起人で、「戦犯法廷」の運営委員だった池田恵理子という人物が、実質、その番組のプロデューサーでもあったようですね。滅茶苦茶です。NHKは内部統制なんか、まったくできていないと思われます。

http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2011/09/blog-post_2832.html

「ところで問題の「女性国際戦犯法廷」だが、東京高裁も期待権を認める判決を出した。メディアでは、原告の要求を是認するような論調が多いが、この事件は最初からの経緯を知らないと本質を見誤る。

最大の間違いは、そもそもこの企画が通ったことである。NHKには「チャイナスクール」と呼ばれる中国べったりの一派があり、その代表である池田恵理子氏(私とは関係ない)が問題の番組の企画者だった。彼女はVAWW-NET JAPANの発起人で、「戦犯法廷」の運営委員だった(この事情は、形式的には彼女の部下が番組のプロデューサーになったことで隠蔽されている)。つまり主催者が実質的なプロデューサーなのだから、もともと中立な報道などできるはずがなかったのだ。」
Posted by setsu at 2013年05月29日 23:19
なんかこう…最近の自称「愛国者」様って人間としての器がちいさすぎるような…。
大丈夫か、日本の未来は…。
Posted by 富士山 at 2013年08月14日 16:01
人間としての「器」などという言葉を用いて、NHK解体を議論する一般国民の言論活動を漠然と批判するほど、「富士山」という人物が「器」が大きいのかどうか。 自分の知的な能力と言語活動によって、自分の「器」をしっかりと証明すればいいだけでしょう。

汝自身を知れ nosce te ipsum という言葉がありますね。そこからスタートすればよいのです。誰も止めませんから。「大丈夫か、」などと日本の未来を憂えるポーズを見せるのならば、それと引き換えに、しっかりと説得的に、自分の構想する「そうあるべき」日本の未来像を論証するなり、提示するなりする必要があるでしょうね。その程度の言語活動もせず、議論レベルのものも提示せずに、わずか二行の完全に主観的な感想をもらし、ただ嘆息する。子供でも容易にできることです。

議論する気があるならば、事実を調査するとか、そのスキルを示すとかして、自分の意見を組み立て、一定のまとまりを持った文章によって相手に働きかける意志を持つ最低レベルの知的活動の必要があるでしょう。

高コストすぎるNHKを解体し、まともに議論されることのほとんどなかった国民視聴者への負荷を低減する。国民と国土を守る「日本の主権」のための報道を、公共放送がわざとやらないというのは大きな問題です。日本国民の視点と認識によって、国民と国土を守る認識を共有するための適正な報道ができるような、完全に別のメディアをつくりあげることは、日本の中長期的な未来に必要不可欠なことでしょう。 

そのような基礎を確立した上で、他の国の現代の文化なり、歴史や習慣を知る番組とか、他の国民との友好を大いにメディアで取り上げればよいだけです。

なしくずしに、日本と日本人に対して無関心を貫いたり、日本と日本人の価値観を相対化することに価値を見出そうとする。

日本国民の戦前の生き方や価値観、日本の伝統を軽蔑することが国際的に評価される前提条件であるかのような完全に馬鹿げた勘違いをし、とにかく外国人とか外国になにか優れた見習うべき点があると卑屈な偏見に染まる。

そのような認識のメカニズムを、寛容だとかリベラルだとか、あたかも価値のある事柄であるかのように、「思いなし」てしまう。さらに、そんなちっぽけな「思いなし」を、他の国民に感染させようとする。戦後民主主義の典型的な負の遺産と言うべきでしょう。誰も説得できないそのような戦後の負の遺産に振り回される必要はまったくありません。
Posted by nosuke at 2013年08月16日 20:22
富士山さん コメントありがとうございます。

日本国籍を持たない反日的な人物にテレビ企画・制作を任せて、電波を乗っ取られているのを放置しているのは、お人好し、ナイーブ=馬鹿ということです。その状態に対して危機を感じるのは、責任ある大人の正常な反応です。

日本は、反日勢力に乗っ取られ、支配されているのです。
Posted by setsu at 2013年08月17日 22:23
Nosukeさん、いつもありがとうございます。同感です。

異常な事態が異常と感じられないことほど危機はありません。

日本が直面している深刻な危機に気づいている方にとって、NHK解体は決して避けて通れない明白な課題です。

この記事は、本ブログの中でも断トツのアクセス数で、多くの方から支持されています。

日本の電波が外国人に乗っ取られていることに対する危機感を共有しています。
Posted by setsu at 2013年08月17日 23:12
nhkを見ていて思います。
朝のニュースのきれいな女性アナウンサーさんとお天気お姉さんの区別がつきません。同じところでお直しされたのかと疑ってしまうこの頃です。口が小さくて少ししゃくれているところがちょっと朝鮮っぽいかな?
9時のお姉さんの顔はボコボコして、口の周りだけ老化が進んでいるようです。秋に蝶々の着物のセンス、和服の着こなしを知っている日本人のスタッフはいなかったんでしょうか?

ニュースは中国韓国情勢を取り上げるのが先で、国会等はいつもその後…アナウンサーは読み間違え多いし、日本語がぎこちない方もいます。
番組では出演者同士がため口ついて勝手に盛り上がっているし、女子アナは揺れるピアスなんかチャラチャラつけて仕事に取り組む格好ではありません。
おしゃれのできない、収入の少ない世帯も受信料を払っています。nhkは「皆様」から頂いて成り立っていると口で言っているだけで、視聴者をバカにしているのが素振りから伝わってきます。

どうでもいい韓流やオスプレイに執着して、安愚楽牧場なんかちっとも触れない。
何時だったか忘れましたが、確か「報道の自由には、報道しない自由もある」と言ったことがありましたよね。自分の都合で報道してるnhkを誰が信じると言うのでしょうか。

三宅先生の質問に、とぼけて済まそうとするnhkの態度は本当に許せません。どうしてこんな気に入らないnhkに受信を払わなければならないのかと悔しくてしかたがありません。





Posted by 母 at 2013年12月04日 22:15
母さん、コメントありがとうございます。

ご指摘のとおりです。多くの視聴者が、NHKの解体を望んでいるのではないでしょうか?

少なくとも、NHKに受信料を払いたいなどと思っていないと思います。

このところ動きがみていますと、NHK解体に向かっていよいよ進み始めたと思われます。

視聴者一人ひとりが声をあげて、NHK解体に向けてはたらきかけていけば、必ず実現すると信じています。
Posted by setsu at 2013年12月05日 21:57
>玄氏の両親は在日1世だ。
>自らの意思でなく”日本”にやってきて

 強制連行を思わせるような表現は止めた方が良い。

20年ほど前の朝日新聞の日曜版に、鶴橋の在日
ばあさんの面白い証言が掲載されていた。

「大阪と済州島を結ぶ定期船、八千代丸が就航
すると、島の若者が大阪へ行くようになった。

2年ほどしたら、その若者たちが島に帰省する
ようになり、驚いたことに背広に山高帽、革靴、
手に大きなトランクという姿だった。

それを見た島民は驚き、「日本は金の成る木が
ある」と我先に島を出て日本に行った。
島の男の4人に一人が大阪に出稼ぎに行ってし
まった」

どこにも強制連行なんて無いよw

Posted by 風太 at 2014年09月14日 08:08
風太さん、ありがとうございます。

一世が強制連行されてきたのではないことを、いまや多くの日本人が気づいているにも関わらず、「ニュースウォッチ9」の大越は、一世が強制連行されたと言っていましたね。信じがたいです。
Posted by setsu at 2014年09月16日 00:16
「玄氏の両親は在日1世だ。自らの意思でなく”日本”にやってきて」そこ確認したんでしょぅか?
済州島出身なら四・三事件の時の避難民が一番多いんですけどね。韓国政府からの虐殺を逃れてのボート民ですよ。
Posted by 猫 at 2015年06月03日 19:03
猫さん、ありがとうございます。

「自らの意思でなく”日本”にやってきて」と書いて、強制的に連れてこられたかのように印象づけようとしているように見えますね。

済州島四・三事件とは、

「1948年4月3日に在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁支配下にある南朝鮮(現在の大韓民国)の済州島で起こった島民の蜂起にともない、南朝鮮国防警備隊、韓国軍、韓国警察、朝鮮半島本土の右翼青年団などが1954年9月21日までの期間に引き起こした一連の島民虐殺事件」(Wikipedia)

ですね。

Posted by setsu at 2015年06月08日 21:14
放送局に在日とか外国人入れてんなよ当たり前だろ。過去に天皇を戦犯として裁く模擬の裁判をNHKは放送したが、なんと!北朝鮮の工作員が二人も入り込んでいた。これは安倍増量がNEWS23で明言していたことだ。例えば韓国、中国で日本人がテレビ局に就職できんだろうし、 まして反韓、反中国の番組なんか有り得ない。
Posted by 土方歳三 at 2015年08月14日 21:26
反日テロリスト工作員がNHKでやりたい放題w
Posted by キムチ共をガス室送り at 2016年11月21日 11:05
アメリカGHQの政策により、日本を傀儡支配する実行役として黄色人種である韓国人が選ばれる。

韓国人は、日本の国力を低下させ、韓国又はアメリカの利益になるように洗脳放送を行う。

戦後の枠組みが現在も続いているということ
Posted by at 2016年11月23日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: