「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2013年03月25日

平成25年NHK予算審議 参議院総務委員会はいつ開催されるのか?

 平成25年NHK予算審議 参議院総務委員会はいつ開催されるのか?先週金曜日に、衆議院から参議院に送られているので、今週開催されると見ているのだが。NHKが放送するかどうかもわからない。

 【議案情報】放送法第七十条第二項の規定に基づき、承認を求めるの件

 先週の衆議院総務委員会で、自民党の大西英男議員が、孫崎享の問題を取り上げてくれたのを評価する声があがっている。

Yahoo Japan!「みんなの政治」
大西英男議員の衆議院総務委員会「NHK予算審議」における質疑を評価する声

 一方で、孫崎を擁護して、大西議員を批判する声も上がっている。

 「孫崎享のつぶやき」という孫崎のサイトに「大西英男議員の衆議院での私への批判」という記事があり、その中に、「大西議員の質問は動画があるので、これを見てもらえばよいが、「テレビにだまされないぞぉ」というブログに文字お越しをしてあるので、それを見てみたい。」と書いてあった。滑稽だ。

 「テレビにだまされないぞぉ」は、メディア批判で有名な人気ブログであるが、孫崎享を痛烈に批判しているのだ。孫崎の無神経さがよく理解できた。こんな具合に無神経なので、でたらめな評論をしていても、厚顔無恥でいられるのだろう。

「元外交官・元防衛大教授・元鳩山のブレーンという肩書で、共産党も言わない事を平気でテレビで言いたい放題の孫崎亨氏(呆)。

そんな孫崎を各テレビ局が重用するのが我慢ならなかったんですが、NHKをダシに国会で取り上げてくれて本当にありがたい♪」(「テレビにだまされないぞぉ」のコメント)

孫崎享のつぶやき「大西英男議員の衆議院での私への批判」


posted by setsu at 23:51| 東京 ☔| Comment(2) | NHK経営・経営陣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。

孫崎が「テレビにだまされないぞぉ」を紹介?し、引用していたのを初めて知る事が出来ました(苦笑)

私の孫崎への批判の部分は読んでないのか?
「見えない」のでしょうか??
あの記事を引用する感覚は相当ズレてますねぇ(呆)


しかも大西議員は「NHK報道の政治的中立性」について」の質疑主旨なのに、
「情けない」だの「本くらい買え」だの
本当に厚顔無恥の恥ずかしい男だと思いました。
Posted by さくらにゃん at 2013年03月26日 12:33
こちらこそ、コメントいただきありがとうございます。

「テレビにだまされないぞぉ」をいつも応援し、参考にさせていただいています。

しかし、これで、孫崎の「節操のなさ」がよくわかりましたね。

大西議員は、まっとうなことをおっしゃってくださったと思います。
Posted by setsu at 2013年03月27日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。