「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2013年03月16日

国会議員もNHK受信料を支払っていなかった!

 昨年12月の衆院選で国政に復帰された西川京子議員は、NHKの反日偏向報道に反対して「NHK受信料を不払いしている」ときっぱり断言。西川議員はNHKに対して本気で怒っていらっしゃいます。NHK受信料不払いは、心から国を思えば、自然とそういう行動になると思います。

 NHKの生殺与奪は立法府(国会議員)が握っていらっしゃいます。西川議員をはじめ心ある国会議員の皆様には、国会で徹底的にNHK問題を追及し、「放送法」を改正して、NHKを解散し、あらたな公共放送を設置していただきたいと強く望みます。NHKが、国民の知る権利を奪い、情報をコントロールしていることが今回の国会中継動画削除事件で明らかになりました。

【日いづる国より】西川京子、今も昔も日本ほど良い国はない[桜H25/2/8]

(番組の15:20−17:00あたりでNHK問題について語っておられます。)

 ちなみに上の番組の中で、一次資料を徹底的に駆使して日本による朝鮮統治時代の実態をまとめた本を紹介していました。中山成彬議員の国会質問でも朝鮮統治時代が取り上げられていましたが、台湾統治に次いで、朝鮮半島における日本統治時代にもようやく真実の光が当てられるようになってきたようですね。

『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』水間政憲 (著) PHP研究所

 西川京子議員のNHK受信料不払いの話は次のブログで紹介されていました。当ブログもご紹介いただきまして、ありがとうございます。
ブログ「元NHK地域スタッフが語る受信料について」
国会議員もNHK受信料を不払いです
NHK解体!


posted by setsu at 00:31| 東京 ☀| Comment(2) | 受信料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NHKが画像を削除した背景には日韓併合時代に8割も議員、役人、警察に朝鮮人がいて、韓国側が主張している「植民地での日本人の横暴」ができるはずもなく(していたのなら権力を持つ朝鮮人は黙って見ていたのかと)、嘘だとばれるからと。
韓国での親日派を裁く法律は、腐敗して女衒と一緒に悪さしていた立法(議員)、行政(役人・警官)に恨みがあってのことかも。
しかも、中山成彬議員が国会で使用したパネルに朴大統領の親戚が写り込んでおり、
それが動画削除の背景にあったなんて言われています。
両班のように支配階級として君臨悪さした不埒朝鮮人に朴大統領の親戚がいた。
それは反日朝鮮人にとっては不都合だろうね。
Posted by ま at 2013年03月17日 09:06
中山成彬議員の命が狙われるほど、不都合な内容ということですね。

国会中継動画削除は、著作権問題ではなく、もっと大きな闇が潜んでいるのでしょう。

著作権の問題としてみても、NHKの対応はおかしいです。一貫性がありません。放送事業者の著作隣接権が侵害されるというのなら、特定の動画だけでなく、すべての動画を削除すべきです。そもそも著作権法第40条1によって著作権が制限されている(つまり自由利用が認められている)国会中継に、著作隣接権を主張するのもおかしいです。国会中継動画がYouTubeにアップされることで、NHKは一体どれだけの経済的不利益を蒙るというのですか?

NHKの原資は国民のお金なのだから、NHKが制作したものも著作権を主張するなといいたい。著作権法を改正して、NHKの著作物はすべて権利制限の対象とすればいい。
Posted by setsu at 2013年03月17日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。