「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2012年11月27日

紅白歌合戦 韓国人歌手の出場はゼロだが、相変わらずドラマは放映

 昨日、紅白歌合の出場歌手が発表されたが、その中に韓国人歌手が含まれていなかった。

 これについて、NHKエンターテインメント番組部・古谷太郎部長は「選考は世論の支持、今年の活躍、演出・企画を総合的に判断した結果。50組という限られた数ですから、どうしてもそこに入ってこなかったというだけ」、「(昨年出場した3組は)いろいろな調査でそれぞれの数値が昨年よりは下がっているというのはあった」と説明し、領土問題などの影響については「まったく関係ない」と話した。

NHKエンターテインメント番組部・古谷太郎
NHK_furuya.jpg
紅白歌合戦 韓流歌手は出場ゼロ 領土問題「まったく関係ない」

 国民から受信料を徴収しながら、日本の領土を不法占拠する韓国との問題の影響は「まったく関係ない」とは何だ!それでも日本の公共放送か!

 そして、韓国のドラマの放映はいまだに続いている。韓国ドラマだけでなく、日韓共同制作ドラマ「赤と黒」というのもやっている。
 
日韓共同制作ドラマ「赤と黒」


posted by setsu at 22:01| 東京 ☀| Comment(3) | 番組チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
K-POP人気というものが虚像だったんだね

NHKニュースでハングルメールが流行っているとやっていましたが、そんな風景に出くわしたことはないです

NHKは韓流ブームをねつ造するんですね
Posted by ま at 2012年11月28日 08:16
 読売夕刊に「紅白にK-POPが出演しないのは解せない」とあったので、読売に「このコメントは解せない」と電話しました。
 最近、読売も妙に韓国寄りになっているような。韓国旅行の全面広告もよく出していますし。1面の安倍さんの写真にはどす青黒いの使うし。←電話したら、会見場が暗かったとか何とか言い訳していたので、産経はきれいに撮れていたと言ってやりました。事実ですから。そうしたら、その後の写真はまともな顔色になっていました。

 今や保守の新聞は産経だけになってしまったんでしょうか。
Posted by カーチャ at 2012年12月30日 02:09
読売もだいぶ前からおかしいようです。日本でまともな保守の新聞は「産経新聞」だけのようですね。

その産経新聞が、NHK大河ドラマ「平清盛」擁護記事を掲載していたので、がっくりしました。是々非々で、対応しないといけないですね。
Posted by setsu at 2013年01月04日 14:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。