「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2015年10月14日

NHK受信料の支払い義務化「国民に理解されないと難しい」 浜田健一郎経営委員長

 NHK経営委員会の浜田健一郎経営委員長は、受信料の支払い義務化について、「支払率を向上させるために支払い義務化は有効な手段だとは思うが、国民に理解されない形での導入は難しい」と述べました。

 受信料の支払い義務化するのなら、まず職員の国籍を開示し、今後は日本国籍のみとしてほしい。

【産経新聞】NHK受信料の支払い義務化「国民に理解されないと難しい」 経営委員長
2015.10.13 17:43

NHK経営委員会の浜田健一郎経営委員長は13日、自民党の小委員会が受信料の支払い義務化を検討するよう求めたことについて、「支払率を向上させるために支払い義務化は有効な手段だとは思うが、国民に理解されない形での導入は難しい」と述べ、慎重な姿勢を示した。委員会後、記者団の取材に答えた。

 また、受信料の徴収活動にマイナンバー制度を活用することについて、浜田委員長は「(NHK執行部に)多角的な観点から検討してもらいたい。現在、結論が出ている状況ではない」と述べた。


posted by setsu at 21:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 受信料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK脅した容疑で逮捕 元徴収員、視聴者情報悪用

 NHKを脅したとして、元徴収員の男が逮捕されました。逮捕された男は、名前や住所、電話番号などが書かれた契約書を数千世帯分、無断でコピーしていました。

【産経新聞】NHK脅した容疑で逮捕 元徴収員、視聴者情報悪用
2015.10.13 20:27

 NHKの受信料徴収業務で入手した視聴者の個人情報を外部に漏らすことをほのめかし再雇用を迫ったとして、千葉県警八千代署は13日、強要未遂の疑いで、同県八千代市村上南、元徴収員で会社員の大柴登四雄容疑者(57)を逮捕した。

 逮捕容疑は1月16日、同県船橋市内で、NHK千葉放送局の営業センターに所属していた男性職員(52)に視聴者の個人情報が記載された紙を見せ「私を大事にしないと何をするか分かりませんよ」と話し、再雇用を要求した疑い。

 八千代署やNHKによると、大柴容疑者は平成25年4月から昨年9月にかけて受信料徴収業務を請け負っていたが、NHKは営業成績の不振を理由に再契約を結ばなかった。大柴容疑者は名前や住所、電話番号などが書かれた契約書を数千世帯分、無断でコピーしていたという。

 NHK千葉放送局は「今回の事態を受け、個人情報の管理態勢をいっそう強化したい」とコメントした。
posted by setsu at 21:16| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | NHK不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。