「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2015年08月01日

2015年8月15日フジテレビ「私たちに戦争を教えてください」(零戦パイロット 原田要氏)

 2015年8月15日にフジテレビが「私たちに戦争を教えてください」という終戦70周年を記念したドキュメンタリーを放映するそうです。フジテレビか。。。と思いながらも、小栗旬がインタビューしたあの零戦パイロット・原田要氏のお話はぜひとも伺いたいと思っています。

 ハワイに行った時、まず訪れたのが真珠湾でした。長年想い続けてきた真珠湾。ようやく訪問しました。訪れた時は感慨深かったです。

フジテレビ「私たちに戦争を教えてください」
小栗旬が、真珠湾攻撃に参加した元ゼロ戦「天才」パイロット、原田要さんと、パールハーバーで攻撃を受け沈められた米海軍戦艦アリゾナの元乗組員などに話を聞く。
小栗は原田さんの取材を終え
「戦争が人にいったい何を与えるのか? 想像はできても実態として体験していないものなので理解することができない。
あの真珠湾攻撃を実際に体験した方から直接お話を聞くことができ、本当に貴重な体験をさせていただいたと思います。
ぼくたちは戦争というものを体験したくはないし、世界からも争いがなくなってほしいと強く強く思う」
と語った。


2013年11月17日
映画「永遠の0(ゼロ)」を観る前に、ぜひ読んでもらいたい本


posted by setsu at 22:36| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本の誇り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。