「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2015年06月25日

【変態エロあさイチ】有働アナ意味深トークに騒然

以前から、「あさイチ」という番組の内容が下品だと指摘していますが、相変わらずまだやっています。日本人から「恥じらい」をなくした罪は大きい。ここまで地に堕ちたか。

【zakzak】朝からエロい情報番組 真矢ミキAV特集にタジタジ 有働アナ意味深トークに騒然
2015.06.25

 朝の情報番組が、何ともエロい。過去にも「セックスレス」などを取り上げたNHK「あさイチ」が今度は“閉経”をテーマにお騒がせだ。まじめなテーマなのだが、「潤滑ゼリー」などを出してネットで大うけ。TBSの「白熱ライブ ビビット」では女性向けのAVを取り上げるなど、朝からいったいどーなってるの。

 「あさイチ」は22日、「女のホケン室」という新コーナーで「閉経」を取り上げた。ゲストはタレントの益子直美、演歌歌手の城之内早苗、そして女優の杉本彩。

 MCの有働由美子アナ(46)とゲストで、尿漏れやにおいや痛みといった悩みにトークが進むも、「性交痛には潤滑ゼリー」「尿漏れには膣に指を入れて吸い込みトレーニング」と朝とは思えない露骨な内容に。有働アナの「(潤滑ゼリーは)どこにつけるんですか?」といった“意味深”な発言も飛び出し、ネット上でも「有働さん、知ってるくせに」「すげえなNHK」と話題を集めた。

 「コーナー名をホケン室とカタカナにした時点で何だか意味ありげ。杉本彩がゲストなのもそう。固いテーマのようですが、しっかり話題になるように考えています」と民放関係者は指摘する。

 「ビビット」は今月11日、女性向けAV特集として、AVを見たことのない主婦を集め、観賞会を行い、そのリアクションを放送。さらにはAVの製作現場に密着まで。「MCの女優、真矢ミキの戸惑う表情をワイプでぬいて話題になりました。人気AV男優を“エロメン”と称して紹介したり、恥ずかしそうに見る主婦の顔を映したりと、低視聴率を打開したいという狙いがあけすけ」とテレビ誌記者。

 さらに「朝は視聴率激戦区とあって、どの局も必死です。セックスネタは、週刊誌や女性誌でも確実にヒットが取れます。各局、今後もエロ路線は狙ってくる」とも。

 夫が仕事に精を出しているとき、妻は家で…あまり考えたくないが。


posted by setsu at 21:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。