「放送法」第4条に違反した番組を放送し続けるNHKの受信料支払を拒否し、NHKを解体し、本来あるべき公共放送を取り戻しましょう。
 NHK職員の平均年収1780万円。NHK会長、NHK経営委員会委員長の年間報酬は3192万円で、総理大臣より多い。国民の受信料が原資となっている(2013年3月現在)。親韓反日の広告代理店に支配され、近年朝鮮半島から渡日してきた外国籍の職員が入り込んでいる。その親韓ぶりは目をおおうばかりである。
 破廉恥、迎合、低俗ぶりも加速化している。もはや公共放送たりえない。
 「NHK受信料拒否」は、日本を再生させるために、日本の公共放送・日本のマスコミを立て直すために、常識ある普通の日本人ができる有効な手段なのです。NHK受信料拒否を表明している保守派政治家もいます。

2017年06月03日

クローズアップ現代+「人類のピンチ!? 天体衝突を回避せよ」

 2017年5月31日(水)のクローズアップ現代+で、天体衝突の話題が取り上げられていた。興味深い内容だった。

「人類のピンチ!? 天体衝突を回避せよ」

地球への衝突が懸念される天体は1万6千で、毎日5個のペースで増え続けている。

恐竜を絶滅させたのも天体衝突だったという。

天体衝突、これはリアルな問題である。

直径が100メートルから250メートルクラスの天体が、東京に落ちたとすると、関東地方ぐらいが被害を受けるという。


先月(5月)、NASAをはじめとする各国を代表する研究機関の専門家たちが日本科学未来館に集まり、ある会議が開催された。

「地球防衛会議」だ。

ドイツ航空宇宙センター 研究者
「天体衝突は必ず起きます。実際に4年前、ロシアで起きています。小さな隕石でしたが、街に深刻な被害を与えました。」

欧州宇宙機関 研究者
「天体衝突は現実の脅威です。そうでなければ、ここには来ません。甚大な被害につながつので、前もって準備しておく必要があるのです。」


研究者たちは
・衝撃予測グループ
・市民への情報伝達を検討するグループ
・衝突の回避を検討するグループ
などに分かれて議論した。

衝突の回避を検討するグループでの議論の様子。

「核爆弾なら破壊できるのでは。」
「それはダメだ。破壊したら、破片が地球に落下する可能性がある。」

検討された方法は次の通り。
・人工物を小天体にぶつけることで破壊したり、軌道を変えたりする「衝突方式」
・緩やかに軌道を変えるスロープッシュ。「けん引方式」や、小天体に特殊な塗料を吹きかける方法

議論の結果、小天体の地球到達まで時間が限られている今回の条件では、破片のリスクは取ってでも衝突方式がベストとされた。


衝突方式が最終的な結論とされたが、これは、どの程度現実的な選択肢なのか?

吉川真氏 (JAXA宇宙科学研究所・准教授):今のところ、衝突方式が一番現実的なんですが、ただ条件があって、相手の小惑星の大きさが100メートルか、せいぜい数百メートル。要するに小さい。それから、もう1つは衝突までの時間が10年以上はあるという、そういう条件がありますね。その場合には、探査機、宇宙船を小惑星にぶつけることによって、軌道を微妙にそらすという方法が非常に有効になっています。
(ただ、小天体が大きくて、時間がないという場合には、この方式はどうなる?)
その場合には、この方式ですと、軌道がずれないんですね。その場合に、もっと大きなエネルギーが必要になってしまって。例えば、核エネルギーを使うとか、そういったことが検討はされています。



一方、けん引方式や塗料を塗るというユニークな方式もあったが、これはどの程度現実的な方法なのか?

吉川氏:けん引方式というのは、万有引力を使うんですね。そのためには、非常に大きな宇宙船を作って小惑星との間の引力を強くする必要があるんですが、それでも、50年、100年という時間がかかってしまいます。それから、もう1つ、オシリス・レックスが打ち上がったというビデオがありましたけれども、これは太陽の光が小惑星の軌道にどう影響するか、それを正確に調べようというのが目的でして、これも実は、時間がかかるんですね。だから、なかなか短時間で軌道をそらすには難しいと思います。


天体衝突に対する取組、
アメリカ:年間50億円もの予算をNASAなどに投じて、地球に接近する危険な小惑星の発見や監視に取り組んでいる。
ヨーロッパ:EUの支援を受け、大学や民間企業などが連携し、国の垣根を超えたネットワークが作られている。
日本:ヨーロッパなどと比べますと、予算が少ないのが現状。JAXAでは家庭用の望遠鏡を持っている一般の天文ファンを巻き込むことで、警戒すべき小天体を見つけようという試みに取り組んでいる。

番組を観て、天体衝突からの回避のため、核爆発、核エネルギーが必要とされている点に注目した。

人類がいかにそれを使いこなせるかということが問題なのである。
posted by setsu at 17:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

NHKが日の丸を中国国旗の下に

「ニュースウオッチ9」の中で、日本の国旗を中国の国旗の真下に表示していた。産経新聞の取材に対して、NHK広報部は「国の上下関係を示す意図はなかった」と答えているが、そもそも国旗に敬意を抱いていたら、このような表示をしようなどとは思わないはず。反日的な姿勢が思わず露呈してしまったわけである。

NHK kokki.jpg



【産経新聞】NHKが日の丸を中国国旗の下に 岸信夫外務副大臣「あってはならない」
2017.4.13

 岸信夫外務副大臣は4月13日の参院内閣委員会で、独立国の国旗を上下に位置させることについて「下の国旗は下位、服従、敵への降参などを意味し、外交儀礼上、適切ではなく、あってはならない」と答えた。

NHK広報部「上空を飛行する中国機に対し、スクランブルをかける自衛隊機のイメージをわかりやすく示すため、両国の国旗と機体の画像を使って放送した。国の上下関係を示す意図はなかった」
posted by setsu at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK抗議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

NHK、不祥事の公表基準規定を新設

NHKは職員が不祥事を起こした場合の公表基準の規定を新設したことを明らかにした。

【産経新聞】NHK、不祥事の公表基準規定を新設 受信料着服など「厳正に対処」
2017.2.28 19:02

 NHKは28日、職員が不祥事を起こした場合の公表基準の規定を新設したことを明らかにした。凶悪犯罪や受信料着服など悪質な場合には、懲戒処分の前や、懲戒処分を行えない場合でも、公表するケースがあるとした。NHKは、「とりわけ公金(受信料)に関する不正については厳正に対処する」としている。



【産経新聞】NHK受信料着服 高市総務相が「非常に遅い公表」と怒る 「文春で知った」 
2017.1.13 11:13

 NHK横浜放送局の職員が受信料を着服した問題で、NHKを厳重注意(行政指導)した高市早苗総務相は13日の閣議後会見で、「週刊文春の報道があるまで私もこの件は知らなかった。非常に遅い公表だったと言わざるを得ない」と苦言を呈した。NHKは昨年10月に問題を把握しながら公表せず、報じられた1月10日に総務省に説明し、発表していた。
posted by setsu at 21:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする